葬儀

葬儀について

 

葬儀

葬儀は、故人の即身成仏を御本尊に願って行う大事な儀式です。
この葬儀に奉掲する御本尊は、故人を寂光浄土へ引導し即身成仏せしめることから、「導師御本尊」「導師曼荼羅」と称されます。曼荼羅の功徳について大聖人は、
「此の曼荼羅は文字は五字七字にて候へども、三世諸仏の御師、一切の女人の成仏の印文なり。冥途にはともしびとなり、死出の山にては良馬となり、天には日月の如し、地には須弥山の如し。生死海の船なり。成仏得道の導師なり」(妙法曼荼羅供養事 新編689頁)
と仰せられています。
葬儀に際しては、所属寺院より故人に対して戒名が下付され、僧侶の導師のもとに読経・唱題・回向が行われます。大聖人は、
「今日蓮等の類聖霊を訪ふ時、法華経を読誦し、南無妙法蓮華経と唱へ奉る時、題目の光無間に至って即身成仏せしむ」(御義口伝 新編1724頁)
と仰せられているように、この葬儀によって故人は大御本尊の功徳に浴し、成仏を遂げることができるのです。喪主や遺族は、導師の読経に唱和し、故人の即身成仏を心から祈念していくことが大事です。
なお、葬儀に白木の位牌を用いますが、五七日忌・七七日忌等の法要を終えた後、自宅の過去帳に戒名を記入していただき、位牌は寺院に納めます。

 

出典:日蓮正宗入門から転載

必ず訪れる死
この世に生を受けた者には、必ず訪れる死~。
死は、生きとし生けるものが絶対に避けることのできない定めです。

 

日蓮大聖人は

 

 「人の寿命は無常(むじょう)なり。(中略)風の前の露(つゆ)、尚、譬(たと)へにあらず。かしこ(賢)きも、はかなきも、老いたるも若きも、定め無き習ひなり。されば先(ま)づ臨終(りんじゅう)の事を習ふて後に他事を習ふべし」(妙法尼御前御返事・御書1482)

 

と仰せられ、「臨終は、いつ何時やってくるかわからないもの、老いも若きも定めがないものである。だからこそ生前から、何よりも先に臨終のことを学び習っておきなさい」と臨終の大事を教えられています。
 
真に救われる教え
肉親や大切な人の死に臨んだとき、誰もが深い悲しみにうちひしがれることでしょう。

 

そして、故人の成仏を祈り、心からの葬儀を行ないたいと願うはずです。ゆえに、その葬儀は故人を必ず成仏に導く、正しい宗教によらなければなりません。日蓮大聖人が

 

「三世の諸仏も妙法蓮華経の五字を以て仏に成り給ひしなり」(法華初心成仏抄・御書1321)

 

 と仰せられているように、すべての仏は、妙法蓮華経という本法を種(しゅ)として仏となることができたのです。

 

したがって、故人が成仏するためには、真実の教えである妙法蓮華経によるべきです。

大切な故人を弔うために
 日蓮正宗では、葬儀を行なう場合、御本仏・日蓮大聖人以来の伝統法義に基づき、御本尊を奉掲(ほうけい)し、本宗僧侶の導師(どうし)により、読経・唱題等をもって故人の成仏を祈念します。

 

 このことについて大聖人は

 

「今日蓮等の類、聖霊(しょうりょう)を訪ふ時、法華経を読誦し、南無妙法蓮華経と唱へ奉る時、題目の光、無間(むけん)に至って即身成仏せしむ」(御義口伝・御書1724)

 

 と示され、亡くなった方を弔うとき、法華経を読誦し、南無妙法蓮華経を唱えるならば、正しい題目の功徳によって、必ず即身成仏できることを教示されています。

 


終わりに
 どうか、大切な故人の死をとおして、成仏とは何か、真実の仏法とは何かを考えてください。

 

そして、かけがえのない故人の成仏を願って、共々に日蓮大聖人の御本尊を信じ、南無妙法蓮華経の題目を唱えてまいりましょう。

 

                         ~日蓮正宗リーフレットより転載~