七五三

 

 

七五三祝い

子供の成長の節目とする、三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児を対象に、毎年十一月十五日に七五三祝いが行われます。
本宗では、一応世間の風俗にならって、七五三祝いの日にその祝儀を行います。これは悪鬼の宿る神社に詣でるのを防ぎ、正法の寺院に参詣せしめるという目的から行われています。
大聖人は、
女子おなごは門をひらく、男子おのこごは家をぐ。日本国を知りても子なくば誰にかつがすべき。たからを大千にてゝも子なくば誰にかゆづるべき。されば外典げてん三千余巻には子ある人を長者といふ。内典五千余巻には子なき人を貧人といふ」(上野殿御返事 新編1494頁)
と仰せられて、子供は無上の財であると教えられています。すなわち、正法をたもった親にとって子供は、大聖人の仏法を受持し、広く流布していくための大事な後継者であることから財といえるのです。
また、十一月十五日は第三祖日目にちもく上人の祥月しょうつき命日にあたっています。広宣流布のあかつきには、日目上人が出現されるという、宗門古来のいい伝えがあります。
したがって、この意義ある日に寺院に参詣して仏祖三宝さんぽうに御報恩申し上げ、未来における広布のにない手である子供の息災そくさいと成長、さらに信心倍増を祈念することが大事なのです。

 

出典:日蓮正宗入門から転載