日蓮正宗の信仰には、なぜ利益りやくがあるのか

天台てんだい大師だいしは、利益りやくと功徳くどくについて、

厳密にいえば、功徳とは自ら積むものであり、利益とは他から与えられるものという違いはあるが、仏道修行による得益の相からいえば、その意義は同一である(法華玄義巻六取意)、といわれています。

といわれています。

 したがって、ふつうは利益のことを功徳といってもさしつかえありません。

 妙楽みょうらく大師だいしの弘決ぐけつには、

「仮使(たとい)発心真実ならざる者も正境(しょうきょう)に縁すれば功徳猶多し」

といわれるように、日蓮大聖人が顕あらわされた一閻いちえん浮ぶ提だい総与そうよの大だい御ご本尊ほんぞんには、仏様が一切いっさい衆生しゅじょうを救すくう仏力ぶつりきと、あらゆる災わざわいを除のぞいて人々を幸福に導みちびく法力ほうりきが厳然げんぜんと納おさめられておりますので、これに縁えんする者は大きな功徳を積むことができるのです。

 御本尊を拝はいしますと左ひだりの御おんかたに「有供うく養者ようしゃ福ふく過か十号じゅうごう」としたためられています。

 十号じゅうごうとは、仏様の尊称そんしょうで、如来にょらい・応供おうぐ・正しょう偏へん知ち・明行みょうぎょう足そく・善逝ぜんぜい・世間解せけんげ・無上士むじょうし・調ちょう御ご丈じょう夫ぶ・天人てんにん師し・仏世尊ぶつせそんのことですが、これについて大聖人は、

 「末代の法華経の行者を讃め供養せん功徳は、彼の三業相応の信心にて、一劫が間生身の仏を供養し奉るには、百千万億倍すぐべしと説き給ひて候。これを妙楽大師は福過十号とは書かれて候なり」(法蓮抄・新編八一三)

 

と仰おおせられ、法華経の行者日蓮大聖人の当体とうたいである御本尊を信仰し供養する者の功徳は、仏典ぶってんに説き示されている生身しょうしんの仏を長い間供養するよりも百千万億倍勝れ、その無量の智慧ちえと福徳ふくとくは仏の十号にもまさると説かれています。

 したがって仏力ぶつりき・法力ほうりきの功徳は、他から安易あんいに与あたえられるものではなく、御本尊に対する信力しんりき・行力ぎょうりきを磨みがくことによって、はじめて積むことができるのです。

 ふつう〝ご利益〟というと、お金が儲もうかったり、病気が治なおったり、願いごとが叶かなうなどの目前もくぜんの現証げんしょうだけを考えがちです。このような今世こんぜの利益も大事ではありますが、仏様はすべての生命は今世だけのものではなく、過去かこ・現在げんざい・未来みらいの三世さんぜにわたって永遠えいえん不滅ふめつなるがゆえに過去世かこせの罪障ざいしょうを消滅しょうめつし、今世のみならず未来みらい永劫えいごうにわたって清浄しょうじょうな幸福境界きょうがいを確立かくりつすることが真実の利益であると教えられています。

 日蓮大聖人は功徳について、

 「功徳とは六根清浄の果報なり。(中略)悪を滅するを功と云ひ、善を生ずるを徳と云ふなり。功徳とは即身成仏なり」

                    (御義口伝・新編一七七五)

と仰せです。六根とは、眼根げんこん・耳根にこん・鼻根びこん・舌根ぜっこん・身根しんこん・意根いこんの生命の識別しきべつ作用さようの器官きかんをいい、それが清浄しょうじょうになるとは、六根に備そなわる煩悩ぼんのうのけがれが払はらい落とされて清きよらかになり、ものごとを正しく判断はんだんできる英知えいちが生まれることなのです。

 したがって正しい御本尊を信ずるとき、煩悩ぼんのうはそのまま仏果ぶっかを証得しょうとくする智慧となり、生命に内在ないざいする仏性ぶっしょうはいきいきと発動はつどうし、迷いの人生は希望に満みちた楽しい人生に転換てんかんされていくのです。

 これを即身成仏の境界きょうがいというのです。

 正しい信仰を知らない人は、この六根が無む明みょうの煩悩におおわれて、人生に対する判断に迷い、とりかえしのつかない過あやまちを犯おかすことが多いのです。

 このように日蓮正宗の信仰は、人間の生命を根本から浄じょう化かし、英知えいちと福徳を備そなえた幸福な人生を築きずくものですが、その利益は個個ここの人間に止とどまるものではありません。

 大聖人は依え正しょう不二ふにという法門ほうもんを説かれています。依えとは、私たちが生活するこの国土をいい、正しょうとは、私たち人間のことです。この法門は、人間の思想や行動がそのまま非ひ情じょうの国土こくど世界せかいに反映はんえいするという〝不二〟の関係にあることを明かしたものであり、国土の災害さいがいや戦乱せんらん・飢餓きがを根本的こんぽんてきに解決し、悠久ゆうきゅうの平和社会を実現じつげんするためには、正報しょうほうである人間が清浄な福徳に満ちた生命に転換しなければならないことを示したものです。

 私たちが三世さんぜにわたって即身成仏の境界を築きずき、しかも国土を平和社会に変える方途ほうとは、日蓮正宗総本山大石寺に厳護げんごされる本門ほんもん戒壇かいだんの大御本尊を純真じゅんしんに拝し、弘宣ぐせんしていく以外にはないのです。