日蓮正宗では、なぜ神棚や神札をはずさせるのか

あなたが神棚や神札をはずすことに抵抗ていこうを感じるのは、それらに神の力がこもっており、その力によって守られると考えていることによるのでしょうが、それはまったく逆ぎゃくなのです。

 大聖人は、

「世皆正(しょう)に背き人悉く悪(あく)に帰す。故に善神(ぜんじん)国を捨てゝ相(あい)去り、聖人(しょうにん)所を辞して還らず。是を以て魔(ま)来たり鬼(き)来たり、災(さい)起こり難(なん)起こる」(立正安国論・新編二三四)

と仰おおせです。

 諸天しょてん善神ぜんじんは、妙法が広く流布るふすることによってそれを法味ほうみとして威力いりょくを増まし、民衆みんしゅうを守護しゅごする力をましていくのです。

 ところが、白法びゃくほう隠没おんもつの末法まっぽうの世のなかにおいては、正法しょうぼうを信仰する者が少なく、正法に背そむいている者が多いために、諸天善神は法味ほうみに飢うえて、社やしろを捨てて天上てんじょうにのぼってしまっているのです。

 したがって現在の神社には、悪鬼あっき・魔神まじんが棲すみついて災難さいなんをひきおこすのです。

 ですからあなたの家の神棚にも、神札にも悪鬼が棲みついていますので、拝おがまなくてもそれがあることによって、あなたの生命はもちろんのこと、生活にも悪影響あくえいきょうを及およぼし、ひいては先祖せんぞをも苦しめることになるのです。

 法華経には、

 「若し人信ぜずして此の経を毀謗(きぼう)せば則ち一切世間の仏種(ぶっしゅ)を断ぜん。(中略)其の人命終(みょうじゅう)して阿鼻獄に入らん」(譬喩品第三・新編一七五)

 

と説かれています。

 末法においては、「此の経」とは、法華経の文底もんていに秘沈ひちんされた三大さんだい秘法ひほうの南無妙法蓮華経のことです。

 したがって日蓮正宗以外の宗派しゅうはの本尊や、神社の神札などの信仰の対象たいしょうともなるものは、正法に背そむくものであり、人々を不幸に陥おとしいれる謗法ほうぼうの根源こんげんなのですから、神棚や神札は速すみやかに捨すてることが肝要かんようです。