もっとも正しい宗教とはなにか

もっとも正しい宗教としての条件じょうけんは、 第一に教主きょうしゅが宇宙うちゅうの真理しんりと人間の生命の実相じっそうを完璧かんぺきに悟さとった方であること 第二に教義きょうぎが因果いんがの道理どうりに基もとづいたもので、それが経典きょうてんとして誤あやまりなく表記ひょうきされていること 第三に本尊ほんぞんが全人類ぜんじんるいにとって尊崇そんすうに値あたいするものであり、現実げんじつに即そくしたものであること 第四に信仰修行の規範きはんが普遍的ふへんてきで社会的しゃかいてき人道的じんどうてき通念つうねんに反しないものであること 第五に信仰によって得えられる利益りやくが教説きょうせつに適かなっており、表面的一時的なものでなく本質的ほんしつてき永続的えいぞくてきな利益であること などを挙あげることができます。  第一の教主の悟りについていえば、数多い宗教のなかで、宇宙の実相と人間生命を深く観達かんたつし、適確てきかくに説き尽つくした教えは仏教に勝まさるものはありません。キリスト教の教主イエスやイスラム教のマホメットなどは神の子とか神の使徒しととして絶対神ぜったいしんを説きましたが、彼らは神の啓示けいじを受けたというだけで、過去かこに何を修行し、いかなる道理によって何を悟ったのかはまったく不明です。その教義内容も生命の本質ほんしつに立脚りっきゃくしたものでなく、戒律かいりつによって表面的な言動げんどうを規制きせいし、奇跡きせきと空想くうそうを説いているにすぎません。  その点仏教は教主きょうしゅ釈尊しゃくそんの因行いんぎょうと果徳かとくを明らかに教示きょうじし、五十年間の説法を通とおして宇宙の真理しんりと人間生命の実相をあらゆる点から完璧かんぺきに説き尽くしています。釈尊が成仏じょうぶつした根本の一法とは、久遠くおん元初がんじょというこの世の最初の時代に、我身わがみがそのまま大だい法界ほうかいの真理の当体とうたいなりと悟られた自じ受じゅ用ゆう報ほう身しんという仏様の教えであり、この久遠元初の仏様が末法まっぽうに日蓮大聖人として出現されたのです。  第二の教義の正当性せいとうせいと経典きょうてんについては、釈尊の説いた仏典ぶってんは数多く現存げんぞんし、その内容もすべて道理に適かなったものですが、その究極きゅうきょくが法華経です。この法華経の予言よげん通どおりに末法の御ご本仏ほんぶつとして日蓮大聖人が出現され、一切いっさい衆生しゅじょうを救うために命いのちにおよぶ迫害はくがいのなかで南無妙法蓮華経の七文字を説きました。この南無妙法蓮華経は諸仏しょぶつ成道じょうどうの根本原因の仏法であり、教義の面からも、功徳くどくの面からも釈尊の法華経より、はるかに勝すぐれたものです。大聖人はこの大仏法を広く人々に説き示すために厖大ぼうだいな量の御書ごしょを書き遺のこされています。  第三の本尊については、本尊とは、〝根本として尊崇そんすうすべきもの〟の意味で、少なくとも人間として誰だれもが尊敬そんけいするに値あたいするものでなければなりません。世の宗教のなかには、キツネ(稲荷いなり)、ヘビ(竜神りゅうじん)、ワニ(金毘羅こんぴら)などの畜生ちくしょうを拝おがむものや、先祖供養せんぞくように名を借かりて亡者もうじゃの霊れいを本尊とするもの、仏としての悟りを得ていない菩薩ぼさつや天上てんじょうの神などを本尊とするものなどがありますが、これらは最上さいじょう至尊しそんの本尊ではないのです。またいかに立派りっぱな神や仏を立てても、それが架空かくうのものであったり、空想くうそう上じょうのものであっては、貴重きちょうな人生を托たくする本尊としてはきわめて頼たよりなく、危険きけんなことというべきです。  久遠元初の仏である日蓮大聖人が、  「日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ、信じさせ給へ」(経王殿御返事・六八五) と仰おおせられて、御身おんみに備そなわる一切いっさいの悟りと大功徳だいくどくの力をそのまま図顕ずけん遊あそばされた本門ほんもん戒壇かいだんの大御本尊こそもっとも尊とうとく勝れた御本尊なのです。  第四の信仰修行についていえば、宗教のなかには修行として、山にこもったり、断食だんじきをするもの、神札かみふだや守まもり札ふだを貼はっておけば修行は一切必要ないというものなどさまざまです。また戒律宗教などの教えを現実生活の中で堅持けんじしようとすると、さまざまな支障ししょうをきたしたり、非常識ひじょうしきな行為こういになることもあります。日蓮正宗の信仰は教条的きょうじょうてきに現実生活上の行動こうどうを規制するものではなく、日常生活の中で日々、御本尊を信じ礼拝らいはいし唱題しょうだいすることが基本きほんであり、誰でも支障ししょうなく信行に励はげむことができるのです。  第五の信仰による利益りやくについては、大聖人が、 「道理証文よりも現証にはすぎず。」               (三三藏祈雨事・新編八七四) と仰せられるように、現証は宗教を判定はんていするうえでもっとも大切なことです。  さらに大聖人は、  「南無妙法蓮華経と申す人をば大梵天・帝釈・日月・四天等昼夜に守護すべし」(諌暁八幡抄・新編一五四三) とも、  「南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」(九郎太郎殿御返事・新編一二九三) とも仰せられています。すなわち、日蓮正宗の御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱える人は、諸天しょてん善神ぜんじんに守護され、未来みらい永劫えいごうにくずれることのない仏の境界きょうがいを築きずくことができるのです。  現在、日本国内のみならず全世界において、正宗信徒が飛躍的ひやくてきに増加ぞうかし、歓喜かんきにみちて仏道ぶつどう修行しゅぎょうに邁進まいしんしています。  日蓮正宗の仏法が世界でもっとも正しい宗教であることを、全世界の人々に理解される日もそう遠いことではないでしょう。