なぜ日蓮正宗と他の宗教をいっしょに信仰してはいけないか

 信仰は、もっとも勝すぐれた宗教を選び、誠実せいじつな清らかな信心を貫つらぬくことが大切です。  たとえば一本の牛乳に、一滴いってきの毒を混まぜたとしたら、いかに養分ようぶんがあるからといっても、あなたはその牛乳を飲むことはできないでしょう。  これと同じように、正しい宗教とよこしまな宗教を混同こんどうして修行することは、せっかくの正しい信仰の功徳くどくを消し、苦しみを受ける結果になるのです。  釈尊は四し十じゅう余よ年ねん未み顕けん真実しんじつと説いて、最後八ヶ年の法華経を説いた後のちは、それ以前の経々きょうぎょうはすべて権教ごんぎょう(仮かりの教え)であるから用もちいてはならないことを明かされています。  ところが真言しんごん宗しゅう、念仏ねんぶつ宗しゅうをはじめ、すべて他の宗派しゅうはは皆この四十余年の経に依よっているのですから、これらの教えを法華経の真実の教えにまじえてはならないのです。  それは良薬りょうやくに毒を入れ、すべてを毒薬どくやくにしてしまうようなものだからです。  日蓮大聖人はこのことを、  「法華経を行ずる人の、一口は南無妙法蓮華経、一口は南無阿弥陀仏なんど申すは、飯に糞を雑へ沙石を入れたるが如し」(秋元御書・新編一四四七) といましめられています。  大聖人の教えは、末法まっぽうのすべての人々を成仏じょうぶつに導みちびく唯一ゆいいつの大法たいほうであります。  この大法を信じながら、他の宗教を混じえることは同じように成仏の道を閉とざすことになります。  また大聖人が、 「何に法華経を信じ給ふとも、謗法あらば必ず地獄にをつべし。うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し」              (曽谷殿御返事・新編一〇四〇) と説かれているように、いかに正法を持たもっても、ほんの少しでも法に背そむくことがあれば、あたかも千ばいのうるしに一本の蟹の足を入れて、すべてのうるしの効用こうようをなくしてしまうようなものであり、堕地獄だじごくのもとになるのです。  正しい仏法は、余事よじを混まじえずに信仰しなければ、なんの功徳くどくもありません。  大聖人が、 「此の南無妙法蓮華経に余事をまじへば、ゆヽしきひが事なり」(上野殿御返事・新編一二一九) と仰おおせのように、成仏の大利益だいりやくは、日蓮正宗の仏法に余事よじを混じえず、清浄せいじょうな心をもって信じ行ずるとき、はじめてもたらされるのです。