なぜ日蓮正宗だけが正しいといえるのか

 「正とは一に止とどまる」という言葉ことばがありますが、正しい教法きょうぼうが二つも三つもあるわけがありません。これについて、釈尊は、

「十方佛土の中には、唯一乗の法のみ有り、二無く亦三無し」

                (方便品第二・開結一一〇)

と説き、日蓮大聖人は、

「今、末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし」(上野殿御返事・新編一二一九)

と仰おおせられています。

 日蓮正宗がもっとも正しい宗旨しゅうしである理由は、法華経の予証よしょうどおりに末法に出現された御ご本仏ほんぶつ日蓮大聖人の教えを、七百年間にわたって現在まで清浄せいじょうに誤あやまりなく受けついできた唯一ゆいいつの教団きょうだんであるから、といえましょう。

 鎌倉時代に出現しゅつげんされた日蓮大聖人は、末法万年にわたって人々を苦悩くのうの闇やみから救済きゅうさいするために、数々かずかずの大難だいなんに遭あいながら、南無妙法蓮華経を説き顕あらわされました。そして南無妙法蓮華経の法体ほったいとして一閻いちえん浮ぶ提だい総与そうよ(全世界のすべての人々に与えるという意味)の大だい曼まん荼だ羅ら御ご本尊ほんぞんを図顕ずけん建立こんりゅうされたのです。この御本尊は日蓮大聖人の当体とうたいでもあり、久遠くおん元初がんじょの自じ受じゅ用身ゆうしんという宇宙うちゅう法界ほうかいの根本こんぽん真理しんりの当体でもあります。

 大聖人は、

「抑当世の人々何れの宗々にか本門の本尊・戒壇等を弘通せる。仏滅後二千二百二十余年に一人も候はず」

                 (教行証御書・新編一一一〇)

と、大聖人ただ一人末法まっぽうの仏として仏勅ぶっちょくによって出現され、三大さんだい秘法ひほうの大法だいほうを広めることを明かされています。

 三大秘法とは本門の本尊・本門の題目・本門の戒壇をいいますが、本門の題目とは大聖人が建立遊ばされた一閻浮提総与の大御本尊に向かって唱える題目のことであり、本門の戒壇とは、この大御本尊が安置あんちされ、しかも一切の人々が修行する場所をいいます。

 したがって三大秘法のなかには「本門の本尊」が中心であり、本門の本尊なくしては題目も戒壇も存在そんざいしないのです。このゆえに本門の本尊を「三大秘法総在そうざいの御本尊」とも尊称そんしょうします。

 日蓮大聖人は入滅にゅうめつに先立さきだって、門弟もんていのなかから日興にっこう上人しょうにんを選んで、本門戒壇の大御本尊をはじめとする法門ほうもんのすべてを相承そうじょうし付嘱ふぞくされました。

 大聖人の精神せいしんと法義ほうぎを固かたく守られた日興上人は、時あたかも地頭じとうの不法ふほうによって謗法ほうぼうの地になりつつあった身延みのぶの地を去る決意けついをされ、大聖人が生前せいぜんより、

「霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立すべき者か。時を待つべきのみ」(三大秘法禀承事・新編一五九五)

 

 「国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」(身延相承書・新編一〇二二)

 

と遺命ゆいめいされていたとおり、日本第一の名山めいざん富士山の麓ふもとに一切の重宝じゅうほうを捧持ほうじして弟子たちと共ともに移られ、そこに大石寺たいせきじを建立されたのです。

 その後、大聖人の仏法は第三祖日目にちもく上人しょうにん、第四世日道にちどう上人しょうにんと、一器いっきの水を一器に移すように代々の法主ほっす上人しょうにんによって受けつがれ厳護げんごされて、現在御ご当代とうだい上人しょうにんに正しく伝えられているのです。この間かんの宗門しゅうもん史しは、また正法厳護げんごのための尊とうとい苦難くなんの歴史でもありました。

 いま私たちが総本山大石寺に参詣さんけいし、一閻浮提総与の大御本尊を拝はいするとき、

 「須弥山に近づく鳥は金色となるなり」

                (本尊供養御書・新編一〇五四)

の金言きんげんどおり、私たちの生命の奥底おうていは仏の威光いこうに照らされて金色に輝かがやき、即身そくしん成仏じょうぶつの姿になっているのです。

 現在、国の内外ないがいを問とわず、大御本尊の広大こうだいな功徳くどくによって苦悩を希望きぼうに転じ、福徳ふくとくに満みちて信心に励はげむ多くの人々の姿が、日蓮正宗の正しさを物語ものがたっているといえましょう。