日蓮正宗入信と信仰の実践

日蓮正宗の信仰がめざすもの

広宣流布と一生成仏(こうせんるふといっしょうじょうぶつ)

  日蓮正宗を信仰する者は、正しい仏法によって自分自身の幸福な境涯を確立するとともに、真の平和な社会を築いていくことをめざしています。仏教では、人間として真実の幸せは成仏するところにあると説いています。

 成仏とは、死後の成仏のみを願ったり、人間とかけ離れた存在になることではなく、現実生活のなかで私たち自身が仏のような理想的な人格を形成し、安穏な境地にいたることをいうのです。

 

 仏には、法身・般若・解脱という3つの徳が具わってます。

この三徳とは、清らかな生命と、物事を正しく判断する智慧、そして悩みや苦しみを克服する自在の境地をいいます。

私たちも、正法を信仰することによって、自然にこれらの徳を身にそなえ、いかなる困難も乗り越え、人生を力強く歩んでいくことができるのです。

 末法に出現された御本仏日蓮大聖人は、すべての人々に幸福をもたらすため、「南無妙法蓮華経」という正しい教えを説き明かしました。そして弟子・信徒にたいして、この仏法を世界に弘めて真の平和社会を実現するようにご遺命されたのです。このご遺命の実現を「広宣流布」といいます。

 このように、一人ひとりの成仏と広宣流布を目的として、日蓮大聖人の教えを正しく実践していくのが日蓮正宗の信仰です。

(「法華講員の心得」より)

 

 

日蓮正宗への入信

 入信(にゅうしん)とは、これまでの宗教を捨てて、日蓮正宗の信徒になることをいいます。 入信にあたっては、謗法払いをしたのち、御授戒(ごじゅかい)を受け、御本尊(ごほんぞん)を下付(かふ)していただきます。再入信の場合は勧誡式(かんかいしき)を受けます。

 

 

 

謗法払い(ほうぼうばらい)

 入信に際しては、他の信仰の対象物となる他宗の本尊や神札、神棚や祠、念珠、経典、お守り、縁起物(だるま、熊手、破魔矢)などを取り払います。これを「謗法払い」といいます。この謗法払いは日蓮正宗の信仰を清浄に実践していくために絶対に欠かせないものです。

 

 

 

 

御授戒(ごじゅかい)

 御授戒とは、一切の謗法を捨てて日蓮大聖人の正法を信仰することを御本尊に誓う儀式です。その際は、日蓮正宗の数珠と経本を用い、人生の新たな出発にふさわしい心がまえで臨みます。

勧誡式(かんかいしき)

 勧誡式とは、一度は日蓮正宗に入信しながら、創価学会などの邪義に惑わされて正しい信心を見失った人が、日蓮正宗の信徒として再出発するために行われる儀式です。

ここでは、再入信に当たって、二度と謗法を犯すことなく、信行に精進することを御本尊にお誓いします。

 

 

 

御本尊下付(ごほんぞんかふ)

 御本尊下付とは、寺院より御本尊をお貸し下げいただくことをいいます。

私たちは、総本山の本門戒壇の大御本尊を信仰の根源とし、所属寺院を信心の拠り所としていきます。さらに、勤行・唱題をはじめ日々の信心修行のため、私たちの家庭に、大御本尊のお写しである御本尊を下付していただくのです。

 御本尊のお取り扱いは丁重にし、自宅にご安置する際には、僧侶の導師により、厳粛に入仏式を行います。僧侶が出仕不可能なときは、その指示により、法華講役員などが導師をつとめます。

 

 

法華講(ほっけこう)への入講

 「講」とは、本来は経典を講義したり、仏の徳を讃える法要のことでしたが、のちには、信仰する人々の集まりを指すようになりました。

  「法華講」とは、末法の法華経、すなわち、日蓮大聖人の南無妙法蓮華経の教えを信じて実践する人々の集まりをいい、大聖人みずからつけられた名称です。

  日蓮正宗法華講は、総本山と末寺を外護し、講員が互いに信行を深め、日蓮大聖人の教えを広宣流布していくために、日蓮正宗のなかに定められた信徒の組織です。

  日蓮正宗の信徒となった人は法華講に入講する手続きが必要です。入講の手続きは、新入信者の場合は、所定の「御授戒願」「御本尊下付願」を寺院に提出します。また再入信者の場合は、同じく「入講願」「誓約書」を提出します。

  そして、指導教師や法華講の役員より、日常の信心のあり方や、法華講員としての心がまえについて説明を受け、自分の所属する組織の担当役員を紹介していただきます。

  また、機関紙の購読や講費の納入なども必要です。機関紙は、私たちの信仰を深めるためのものであり、講費は、法華講の運営や活動に充てられるものです。

 

自行化他の信心

 日蓮大聖人は「自行化他の信心」を教えられています。

自行とは、自身の修行として勤行・唱題することなどをいいます。勤行・唱題は、幸福な人生を確立し、希望に満ちた未来を切り開いていく源泉となるものですから、毎日欠かさず行いましょう。

また、化他とは、日蓮大聖人の信仰を知らない人に対して、不幸の原因が誤った宗教(謗法)にあることを教え、日蓮正宗への入信を勧めることをいいます。

 この化他行を「折伏」といいます。

 

この自行と化他行は修行の根本であり、これらをともに実践してこそ、成仏という大きな利益が得られるのです。

 

勤行(ごんぎょう)について

 勤行とは、仏前において読経唱題することをいいます。

 本宗の勤行は、御本尊に向かって、法華経の『方便品』と『寿量品』を読誦し、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えます。朝は五座、夕は三座を行います。

唱題は、功徳の源となる根本の修行ですから「正行」といい、方便品と寿量 品を読誦することは、題目の意義と功徳を助けあらわすものですから「助行」といいます。

 

勤行・唱題の意義

 勤行は、私たちにとって信心の基盤となる修行です。  

 第二十六世日寛上人は、

  「この御本尊には広大深遠の不思議な力がそなわっている。したがって、この御本尊に向かって南無妙法蓮華経と唱えるならば、祈りを成就し、過去の罪を消し去り、福徳を積み、真理を我が身にあらわすことができる」(意訳・観心本尊抄文段) と仰せです。

 信心の目的である成仏という最高の境界は、御本尊を深く信ずる心と、御本尊に向かって勤行・唱題を実践することによって築かれます。

  朝夕の勤行は、幸福な人生を確立し、希望に満ちた未来を切り開いていく源泉となるものですから、毎日欠かさず行います。

 

 

御本尊へのお給仕

 ご本尊について、日蓮大聖人は、

「日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ、信じさせ給へ」

と仰せられています。ご本尊は御本仏日蓮大聖人の御魂魄であり御当体です。

ですからご本尊へのお給仕は、生身の日蓮大聖人にお仕えするような気持ちで行うことが大事です。

 また、仏壇は清浄な場所に安置し、日々に仏壇を拭き清め、しきみの水を換え、お水をお供えし、灯明をつけ、香を焚きます。

 こうしたお給仕は、すべてがご本尊への供養となり、自らの功徳善根を積むことになります。

 

総本山への登山と寺院への参詣

 総本山大石寺へ参詣することを本宗では「登山」といいます。

大石寺は、本門戒壇の大御本尊が厳護され、日蓮大聖人の血脈が伝えられる仏法根源の霊地です。私たちは機会あるたびに総本山へ登山し、自身の罪障消滅と大願成就、さらに世界平和の実現を大御本尊に祈っていきましょう。

 

 また、私たちが所属する寺院は、大石寺の「末寺」です。

この末寺も、ご本尊が安置され、仏法僧の三宝が備わった道場であり、広宣流布を進める重要な法城です。

 

 私たちは、仏法の根源である大御本尊への絶對の信心を堅く持ち、総本山へ登山するとともに寺院に参詣し、信心に励んで行くことが大切です

 

 

仏様への御供養

御供養とは、仏法僧の三宝に報恩の心を持って、金品等を供えることをいいます。 この御供養は、総本山の護持と寺院の発展、広宣流布を推進する基盤となるものです。  日蓮大聖人は、 「凡夫は志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」 と仰せられ、私たち凡夫にとって清浄かつ純粋な志による御供養こそ、成仏の基になると教えられています。  私たちは、正法の興隆と発展のため、また、自身の功徳を積んでいくためにも、真心からの御供養につとめていきましょう。

 

教学の研鑚

「行学の二道をはげみ候べし。行学たへなば仏法はあるべからず」

(諸法実相抄 新編六六八)

と日蓮大聖人は仰せられ、行(実践)とともに、学(教学)の大事を教えられています。

日蓮大聖人の教えを学ぶには「御書」を根本とします。 「御書」とは、日蓮大聖人が書き残された教義書や、弟子・信徒に与えられた手紙などをまとめたものです。  御書の内容は広汎で難解です。私たちは、寺院での御報恩御講や勉強会などに率先して参加し、日蓮大聖人の仏法を正しく学びましょう